解体業者に車を持って行き損をしないため

もう車に乗らなくなり、廃車にしようと解体業者まで持って行ったら、費用として、料金を請求され・・

その時は、安易に了承したのですが、後々調べてみると、買取店では査定額付かずでもリサイクルを専門にしている業者なら買い取ってくれる場合もあるんですね。

 

まぁディーラーに持って行けば下取りしますよ。とは言ってくれますが、実際には次の車の購入代金に下取り分も含まれていることがほとんど。
(下取りとは次の車を購入する事を必須条件に、今の車を買い取ってくれること。)

 

 

ボロッチイ車だと先入観で私のように売れないと決めつけてしまうものですが、同じような方も多いのはずです。

 

ただ、リサイクル目的だと長年雨ざらしになっている車の場合は難しいらしいです。
鉄などは錆びてしまいますし、せっかく再利用できる部品も破棄しないといけなくなるみたいです。

 

 

いずれにせよ、車は持っているだけでも自動車税などの維持費がかかるため、手放すなら早い方が良いみたいですね。

廃車時に気になるポイントは買取店探しから手続き全般までですが、

税金や保険の還付金の事もありますし、買取業者によっては手続きなんかも全て代行で行ってくれるので安心ですね。

 

手間がかかっても、前述の例のように損をしないためにマメに調べておきたいものです。

 

また、ご自身で解体業者に直接持ち込んで、解体費用を求められたら、他の業者を探してみてください。

以前はリサイクル料金という制度が無かったため、解体時にその費用(主にゴミ処分にかかる費用)が必要とされましたが、現在はリサイクル料金を先払いしているので、

解体費用を必要とする業者はほとんどいません。

鉄くずとしての利用価値がありますので、逆にお金がもらえるのが一般的になってきました。(ここ重要です。)

全国対応している廃車買取業者が多数いますので、そちらを参考にしてみてください。